となりのトトロの都市伝説

シェアする

スタジオジブリの名作「となりのトトロ」この国民的人気アニメには様々な裏設定があるという都市伝説があります。

実はあの「となりのトトロ」の話は全て小説家である父親の空想であると言われています」。
すでにさつきもメイも死んでおり、生きていたらこんな風になって欲しかった、という父親の願望であるという。
さつきとメイがトトロと一緒に木の上でオカリナを吹いているシーン、それを父親がチラッと木を見やり、少し満足げにして机に向かう姿が全てを物語っているという。
(田舎に越してくる前にすでに2人は死んでいたという説も。)

メイとさつきが死んでいた説としては様々な見解がある。

・話の後半になると、メイとさつきの影が消えている。
つまり、その時点ではメイとさつきはこの世のものではないと見解。
・母親のセリフ
「今、あの木のところで、さつきとメイが笑ったような気がした。」
メイとさつきが猫バスに乗り、母親の病院まで様子を見に行くシーン
であるが、そもそも面会しないのが不自然であり、母親にはその姿
が見えていない。
セリフ自体が、生きている人間に対して使う言葉ではない。
・母親は結核の末期患者
母親の入院先で登場する七国山病院は実在し、当初不治の病と
して言われていた結核の末期患者が入院する病院であった。
エンディングで、母親と風呂に入るシーンがあるが、
それは過去の回想である。
・トトロの正体は死神
トトロは死んだ人間、死期が近い人間にしか見えない。
メイが行方不明になり、さつきはメイを探しにいくが、その時に
さつきはトトロに会う。
つまり、メイを追いかけ、さつきもこの世のものではなくなった。
(=死)
猫バスはあの世への案内人。魂を運ぶ役割。

スタジオジブリ側としては否定しているが、宮崎駿氏の見解ではないという面白い見方もある。
これも有名な話ですね。私はこの話初めに聞いたときトトロが怖くなりました・・・今では純粋な気持ちで見れていますが(笑)