天空の城ラピュタの都市伝説

シェアする

『天空の城ラピュタ』幻のエンディングの都市伝説

スタジオジブリの名作「天空の城ラピュタ」ですが、この作品にはエンディング2つ存在するらしいと言われています。

一つは通常のエンディング。

もう一つはエンドロールの後、シータの故郷にバズーが送っていき、そこで握手をして別れるというエンディングです。

TVで放映された・ビデオに残っているという記録は一切無く、ジブリサイドもそのような映像はないと否定しているエンディングシーンであるにも関わらず、「パズーがシータを故郷まで送って握手してお別れ」「最後にシータを故郷につれて帰って牧場で何かの動物がいた」など、再放送でラピュタを見て「あれ?あの故郷に送っていくシーンは?」と疑問を持つ人が非常に多かったという。

実際に放映されていないにも関わらず見たことがあるという人が多く、その内容にも共通点があるというなんとも不思議な話だが、未だ真相は明らかとなっていません。

他のアニメでも同じような都市伝説はよく聞きますが存在するはずのないものがあるのは怖いですね・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする