風の谷のナウシカの都市伝説

シェアする

スタジオジブリの超人気アニメとなった『風の谷のナウシカ』ですが都市伝説では舞台となっているのは実は火星なのではないか、と言われています。

アニメーション中の表現が火星のことを表しているみたいです。

冒頭の『錆とセラミックに覆われた・・・』という部分が火星の赤錆の地表のこと指している。

火星は地球の3分の1の重力で、メーヴェのような小さなエンジンでも火星なら実現飛行可能と言われています。

また火星では風が吹いているといわれており、風の谷→火星の竜巻など、説は沢山あります。

自分達が人造人間であると知ったナウシカは世界の戦争と関わる内に、自分達が人造人間であり大気が浄化されるまでの“つなぎ”の存在だと知った。

火星には、かつて生物が存在していたと思われる痕跡がたくさん残っている。

NASAの発表した火星の写真には地表には水路の跡があったり、何かの人工建造物の跡、巨大生物のような化石のようなものまで写っている。

火星にはかつて私たちの祖先となる人類が住んでいたが、最終戦争によって火星の砂漠化が進み、すべて滅亡したという説がある。

巨大生物=オーム、砂漠化=腐海化と考えると、とてもナウシカの世界観と似ている。

確かにそう言われてみると火星というのも納得です。